SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP THE WORLD

Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
MENU

Columnコラム

過去のコラム一覧
TOP コラム 雑観記事 -THE WORLD 2019 STAGE 1 シーズン開幕戦-

コラム

雑観記事 -THE WORLD 2019 STAGE 1 シーズン開幕戦-

image

これほどまでに、世界中のダーツファンを魅了し続けているツアーサーキットはあるだろうか。毎年各国のトッププレイヤーが顔を揃え、一年間を通じて熱くハイレベルな戦いが繰り広げられる「THE WORLD」。その新たなステージの幕開けとなるSTAGE 1が、4月28日、マレーシアで幕を開けた。当然ながらシーズンチャンピオンの行方も気になるところだが、今シーズンは「SUPER DARTS 2020」の出場権をかけた戦いも見逃せない。THE WORLDからは、年間ランキングTOP4にランクインした選手に出場権が与えられる。夢の大舞台に向かって大きな第一歩を踏み出すべく、各選手の気合が入ったプレイが例年以上に大会を盛り上げていた。

image

世界2連覇を成した香港の英雄がみせる快進撃

「香港チームの優勝に続き、私がSTAGE 1で優勝することで、香港のプレイヤーにもっと大きな喜びを感じてもらいたい。その一心でプレイしていました。」
そうSTAGE 1を振り返るのは、昨年「THE WORLD 2018 GRAND FINAL」で優勝を果たし、さらにSTAGE 1の前日に開催された「SOFT DARTS WORLD CUP 2019」で香港チームの優勝に大きく貢献したロイデン・ラム。個人とチームで世界2連覇を成し遂げたラム選手の勢いは衰えを知らず、予選ラウンドロビンを全勝で勝ち抜けると、決勝トーナメントに入っても順調に勝利を重ねていった。
準々決勝ではアメリカのレオナルド・ゲイツと激突。レグカウント2-2で迎えた最終レグは後攻スタートという不利な状況であったが、序盤に形勢逆転に成功。その後も隙をつくらず、接戦を制して準決勝へと駒を進めた。準決勝の相手は、スペインのホセ・フスティシア。レグ1こそ先攻のフスティシア選手に奪われたものの、レグ2以降はラム選手の独壇場。勝負を決めたレグ4の701は5ラウンド15ダーツでフィニッシュするなど、決勝に向かってプレイの精度はさらに磨きがかっていった。

image

宿命の対決に打ち勝ったラムの圧倒的な強さ

決勝戦は、熱心なダーツファンであれば思わずニヤリとしてしまうロイデン・ラムとボリス・カリチュマーとの一戦。実はこのふたり、2018シーズンの最終ステージにGRAND FINALと、THE WORLDにおいて過去2大会連続で激突しており、勝敗はともに1勝1敗。今回の決勝戦はこの宿命の対決に決着をつける戦いだけに、観客は息をのんで試合の行方を見守っていた。
レグ1は先攻のラムが相手に隙を与えないプレイを続け、6ラウンドでフィニッシュ。一歩リードを奪って勢いに乗ると、続くレグ2では後攻ながらもカリチュマーをわずかに上回るスタッツでゲームを進め、終盤に逆転に成功。優勝にリーチをかけたレグ3でも安定したプレイで先攻リードをキープし、圧巻のストレート勝ちで優勝を手にした。
「WORLD CUPでの優勝に続き、STAGE 1でも優勝できて幸せです。応援してくれているファンの皆さんや友人、そしてパートナーと家族に本当に感謝しています。THE WORLDの全ステージで優勝するのが長年の夢ですが、今シーズンはその夢に一歩でも近づけるように、昨シーズンよりも多く優勝することを目指します」 2012シーズンのSTAGE 6以来、自身4度目となるステージ優勝を手にしたラムは、そう今シーズンの目標を語った。

image

ダーツに対する熱き思いと愛情がラムの原動力

「SOFT DARTS WORLD CUP 2019」での優勝を含め、2019シーズンは好調な滑り出しをみせたラムだが、ここに至るまでに並々ならない努力があった。
「数年前に重い背中のケガを負ってしまい、いまもその痛みに耐えながら戦っています。気持ちを落ち着かせ、意識を集中させて『自分は痛みを感じていない』と自分の頭に思い込ませて試合に挑むのです。今回もラッキーなことに、痛みに負けることなく最後まで戦い抜くことができました」
背中の痛みから逃げるのではなく、痛みに立ち向かうこと。それがラムの出した答え。それほどまでにダーツを愛する気持ちこそが、再び世界の頂点を手にする原動力なのかもしれない。
「私は勝ち負けのことは考えず、どうやって自分の最高のパフォーマンスを引き出すか、観客を満足させる試合ができるかを考えてプレイしています。どの戦いでも、勝つか負けるか答えはひとつ。唯一自分でコントロールできるのは、いつものようにプレイし、そのときのベストパフォーマンスを引き出すこと。ただそれだけです。ダーツをプレイする皆さんも、このことをいつも頭において、勝敗だけに拘らず試合を楽しんでプレイしてほしいです」
つねにファンのために全力を尽くし続けているラム。このまま優勝を重ね、念願のシーズンチャンピオンの座を手にすることができるのか。

ファン待望のSTAGE 2は、6月16日にフランスで開催。ラムの活躍はもちろん。他のトッププレイヤーの熱き戦いをWEB生中継で堪能しよう。
https://www.darts-theworld.com/jp/

image