SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP THE WORLD

Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
MENU

Columnコラム

過去のコラム一覧
TOP コラム 雑観記事 -THE WORLD 2018 STAGE 5-

コラム

雑観記事 -THE WORLD 2018 STAGE 5-

image

10月21日(日)マレーシアでSTAGE 5が開催。THE WORLD 2018の全ステージが終了した。

STAGE 5で優勝したボリス・カリチュマーは、同時に年間ランキング1位の座を獲得した。

年間ランキング1位を賭けた決勝はボリスVSロイデン

image

決勝戦はボリス・カリチュマー(クロアチア)とロイデン・ラム(香港)の対決となった。この時点で両者は年間ランキング同率1位。勝利したプレイヤーがランキング1位となる展開に。

この日のラムは、ハイレベルに安定したダーツで、レオナルド・ゲイツや村松治樹といった強敵たちを倒して決勝へ進出する。一方カリチュマーも最大限のパフォーマンスを発揮し同じく決勝へ進出。

対照的なプレイスタイルの2人

「試合を見ていればわかると思うけど、私はかなり気まぐれな性格なんだ。 試合中も考えるよりも先に行動していることが多いよ(笑)」
そんなカリチュマーの言葉にも表れているとおり、彼の魅力のひとつはスピーディなプレイスタイル。 深く考え込むようなシーンはほとんど見られず、リズミカルに3本のダーツを投げ込んでいく。
一方対戦相手のラムは「僕にとってダーツとは、人としてのあり方や態度を学ぶスポーツなんだ。『ダーツは勝つためにやるんだ』ではなく、何ごとにも前向きで、堂々と向き合える自分をつくるためのもの」というように、カリチュマーの早いプレイスタイルに巻き込まれることなく、ロイデンは持ち前の冷静かつ正確なダーツで自分のペースをキープしながらゲームを進めていく。
対照的なプレイスタイルを持つ2人の対決は最終レグまでもつれこみ、接戦の末勝利したのはカリチュマー。
「まずはファンと関係者全ての人たちに感謝している。そしてGRAND FINALを楽しみにしていて欲しい。いいプレイすることを約束するよ」

トップ8位はGRAND FINALへ

image

年間ランキングも確定し、上位8位のプレイヤーたちが壇上で表彰された。
1位 ボリス・カリチュマー(クロアチア)
2位 ロイデン・ラム(香港)
3位 レオナルド・ゲイツ(USA)
4位 ポール・リム(シンガポール)
5位 プポ・テン・リー(台湾)
6位 村松治樹(日本)
7位 勝見翔(日本)
8位 荏隈秀一(日本)

GRAND FINALには上記の8プレイヤーに加え、THE WORLD 2018年間ランキング9位~100位タイのプレイヤーが出場権を持つWILD CARD TOURNAMENTを勝ち抜いた4名 全12名で行われる。
シーズン最後の大舞台であるGRAND FINALは12月1日(土)開催。LIVE中継も配信予定。
https://www.darts-theworld.com/gf/jp/

image