SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP THE WORLD

Facebook
Twitter
MENU

Columnコラム

過去のコラム一覧
TOP コラム 雑観記事 -THE WORLD 2017 STAGE 5-

コラム

雑観記事 -THE WORLD 2017 STAGE 5-

image

全6ステージに渡って熱き戦いが繰り広げられるTHE WORLD 2017も、終盤戦になり2ステージを残すのみとなった。
今シーズンは、同じ選手が2度ステージ制覇を成すことがなく、ステージごとに優勝者が異なるのが大きな特徴となっている。そんな中、10月22日(日)にマレーシアで開催されたSTAGE 5でも、新たなスターがTHE WORLDの歴史に名を刻んだ。その名はクリス・リム。
あの“レジェンド”こと、ポール・リムを父にもつクリス・リムがついに飛躍の時を迎えたのだ。

“レジェンド”の遺伝子を受け継ぐ戦士の覚醒

image

シーズン終盤戦に突入し、ラウンドロビンからますます熱い戦いが繰り広げられることとなったSTAGE 5。
1敗もすることなく決勝トーナメント進出を決めたクリス・リムは、その勢いを落とすことなく、快調に駒を進めた。準々決勝では、香港のミカ・ユーをストレート勝ちで破り、準決勝では、ポイントランキング暫定3位のロイデン・ラムに勝利。接戦となったラムとの一戦では、後攻スタートながらも安定したダーツと高い集中力で最終レグを奪取し、その強さを世界に広めることとなった。

最強の男、復活

image

クリス・リムが目覚ましい活躍をみせる中、反対側の山では昨年のGRAND FINALの覇者、ボリス・カリチュマーが猛威を振るっていた。
今シーズン、未だステージ優勝がなく、例年と比べるとランキングもやや低迷。各ステージで不調に苦しむ姿が見られたが、この日のカリチュマーは違っていた。ラウンドロビンを1レグも落とすことなく突破。決勝トーナメント進出後も圧巻の強さをみせ、準々決勝では、昨年のSTAGE 5で優勝を果たした地元マレーシアのスター選手、トゥンク・シャーに勝利。準決勝では、STAGE 4で目覚ましい活躍をみせたフィリピンのローレンス・イラガンをレグカウント3-1で破り、決勝進出。”最強の男”がついに復活を遂げた。

クリス・リムが悲願のステージ初優勝を達成!

image

カリチュマーの先攻で幕を開けた決勝戦。序盤はお互いに先攻レグを譲らない展開となったが、その均衡は早くもレグ3で崩れることに。レグ3の終盤、虎視眈々とチャンスを狙っていた後攻のクリス・リムが、T15-T16-T15の9マークを機に、形勢逆転に成功。
その直後、カリチュマーもTHREE IN THE BLACKを出して応戦するなど、ハイレベルなプレイで観客を沸かせたが、ゲームの主導権を奪い返すことができずブレイクを許す結果に。
迎えたレグ4は、レグ3で完全に試合の流れをものにしたクリス・リムが、相手に逆転の隙を与えない安定したプレイで勝利。最後の残り147点という場面で、クリス・リムがBULL-T19-D20と決めた瞬間、会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。

気になる年間ポイントランキングの行方は!?

▼年間ランキング
STAGE 5終了時点

No. Name Point
1
ポール・リム
163 pts
2
ハリス・リム
150 pts
3
ロイデン・ラム
148 pts
4
ボリス・カリチュマー
139 pts
5
アレックス・レイズ
131 pts
6
レオナルド・ゲイツ
130 pts
7
クリス・リム
128 pts
8
シリル・ブロ
112 pts

STAGE 2以降、ポール・リムが年間ポイントランキング暫定1位をキープし続けるも、2位以下との差を決定的に広げることができず、激しいトップ争いが続く2017シーズン。
このSTAGE 5終了時点でも、依然、ポール・リムが首位に立ってはいるが、2位以下とのポイント差はわずか。
最終ステージの結果次第では、大きく順位が入れ替わる可能性が高い。また、今シーズンの年間ポイントランキング上位4名には、「SUPER DARTS 2018」の出場権が授与されることも忘れてはならない。
果たして、この熾烈なトップ争いの行方は? そして世界最高峰の舞台への出場を決める選手は!?

すべての答えは、12月3日(日)に香港で開催されるSTAGE 6にて明らかに!新たな歴史が刻まれるその瞬間を、DARTSLIVE.TVのLIVE中継でチェックしよう。

http://darts-theworld.com/jp/live/