SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP THE WORLD

Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
MENU

Columnコラム

過去のコラム一覧
TOP コラム 雑観記事 -THE WORLD 2017 STAGE 3-

コラム

雑観記事 -THE WORLD 2017 STAGE 3-

image

シーズン前半戦を締めくくる大事な一戦として、7/30(日)に台中でTHE WORLD 2017 STAGE 3が開催された。
年間ランキングの上位4名には「SUPER DARTS 2018」の出場権が授与されるという今シーズン。
後半戦に向け、誰もが少しでもランキングを上げておきたいという状況のなか、優勝を手にしたのはフィリピンの雄、プルシアン・アルセノだった。

STAGE 3のダークホース! その名はプルシアン・アルセノ

image

2013年のSTAGE 2で初参戦を果たし、その後はTHE WORLDにスポット参戦を続けていたアルセノ。
2016年にはWILD CARD TURNAMENTを勝ち抜き、GRAND FINALに出場。
初戦で敗退を喫したものの、確実に"強さ"を身につけているのを感じさせる戦いぶりであった。
今シーズンは、このSTAGE 3が初参戦。予選ラウンドロビンを1レグも落とさない強さで通過すると、勢いそのままに決勝トーナメントも順調に駒を進めていくことに。
準々決勝では、ポイントランキングで首位を走るポール・リムと激突。最終レグまでもつれ込む接戦となったが、最後は先攻の利を活かしてアルセノが勝利を果たした。
準決勝で対するはフランスのシリル・ブロット。アルセノは後攻スタートとなったものの、レグ1とレグ3をブレイクしてリーチをかけると、 レグ4では序盤からのリードを譲ることなく勝利。自身初となる決勝進出を決めた。

後半戦での活躍を期待させる圧巻の決勝戦

image

決勝戦の相手は、準決勝で年間ランキング2位のハリス・リムを破った日本の安食賢一。
安食もまた、このSTAGE 3ではダークホース的な活躍で勢いに乗っていたため、決勝戦は激しい接戦が予想された。
アルセノの先攻で幕を開けた一戦は、先攻有利のまま手を進めたアルセノがレグ1を奪取。
続くレグ2では、先攻の安食が20に4マークというやや苦しいスタートをみせると、アルセノはT19-T19-T20の9マークでゲームの主導権を奪うことに成功する。
そのまま形勢逆転を許さない安定したプレイで、アルセノがレグ2をブレイク。
完全に試合の流れを掴んで迎えたレグ3は先攻の利を崩さない展開を続け、圧巻のストレート勝ちという華やかな内容でTHE WORLD初優勝を飾った。 このSTAGE 3で圧倒的な強さをみせたアルセノは29位にランクイン。今後の活躍でどこまで上位に駆け上がるのか、世界中のファンの注目が集まっている。

2017シーズンの後半戦の幕開けとなるSTAGE 4は、8/19(土)に日本を代表するソフトダーツのビッグイベント「日本ダーツ祭り 2017」と同時開催。 SUPER DARTS 2017を制した小野恵太をはじめ、普段はTHE WORLDで姿を見ない日本のトッププレーヤーが数多く参戦するだけに、かなり荒れた展開になること間違いなし。 熱戦の模様は、DARTSLIVE.TVのLIVE中継でチェックしよう。

image