SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP THE WORLD

Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
MENU

Columnコラム

過去のコラム一覧
TOP コラム Feature Story - GRAND FINAL出場を懸けた熱き戦いに注目 -

image

年間ランキングの上位8名が出場権を獲得

ボリス・カリチュマーやポール・リムをはじめ、世界中のダーツファンを魅了している各国の強豪たちが、唯一無二の特別な大会として名を挙げるTHE WORLDの〝GRAND FINAL"。2013年以来、実に3年ぶりとなるGRAND FINALが、12月4日(日)に香港で開催される。

この真の世界王者決定戦と言っても過言ではないトーナメントに出場できる選手は、わずか16名。その選定は、12月2日(金)に同会場で行われるWILD CARD TOURNAMENTを勝ち抜いた7名と、THE WORLD 2016 PREMIUM STAGEで優勝した日本の小野恵太選手。そして、THE WORLD 2016の年間ランキングでTOP8入りを果たした8名となっている。

THE WORLD 2016 GRAND FINAL 大会概要

最終ステージはランキング争いから目が離せない

数々の名勝負を輩出した今シーズンも、残すはSTAGE 5のみ。年間チャンピオンの行方も然ることながら、やはりGRAND FINALへの直行便の切符である、TOP8入りを誰が果たすのかも絶対に見逃せないところだ。

▼年間ランキング
STAGE 4 終了時
No.名前累計ポイント
1
ボリス・カリチュマー
135 pts
2
ポール・リム
121 pts
2
アレックス・レイズ
112 pts
4
レオナルド・ゲイツ
105 pts
5
江口祐司
83 pts
6
パク・ヒョンチョル
77 pts
6
星野光正
77 pts
8
勝見翔
76 pts
9
ハリス・リム
74 pts
10
ロイデン・ラム
72 pts
10
佐藤佑太郎
72 pts

予想では、TOP8のボーダーラインは年間総合で95~100ポイントあたり。これをもとに計算すると、STAGE 4を終えた時点で100ポイントを超えている4名、上位から順にボリス・カリチュマーとポール・リム、そしてアレックス・レイズとレオナルド・ゲイツは、GRAND FINAL進出は確実なものと言っていいだろう。5位の江口祐司は83ポイントではあるが、今シーズンの調子を見るに、ほぼ確実に100ポイントを超えることになるはずだ。

▼各STAGE ポイント分配
順位獲得ポイント
優勝42 pts
準優勝35 pts
BEST429 pts
BEST824 pts
BEST1620 pts
BEST3217 pts
BEST6415 pts
BEST128以降10 pts

現在上位の5名とは違い、まったく気が抜けない状況にあるのが6位タイのパク・ヒョンチョルと星野光正、そして8位の勝見翔だ。9位以下の選手とのポイント差がわずかであることもあり、STAGE 5で最低でもBEST8入りして20ポイントを稼いでおかないと、年間ランキングTOP8入りが危うさを増してくる。

逆を言えば、9位以下の選手にもまだまだチャンスが残されているということ。9位のハリス・リム、10位タイのロイデン・ラムや佐藤佑太郎、12位のエイドリアン・グレイは、安定してポイントを稼いできている選手。STAGE 5でもしっかりポイントを重ねることは間違いなく、どこまでランキングを上げることができるか見物である。また、決して簡単ではないが、17位タイのトニー・マーチンとスコット・カーシュナー、野毛駿平も最後を優勝で飾ることができれば、GRAND FINAL進出を果たす可能性が高い。

THE WORLD 2016 STAGE 5は、10月23日(日)にマレーシアにて幕を開ける。混迷極めるGRAND FINAL進出を懸けた戦いは、どのような決着を見るのか。
LIVE生中継をお楽しみに。

http://darts-theworld.com/jp/live/