SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP THE WORLD

Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
MENU

Columnコラム

過去のコラム一覧
TOP コラム Feature Story - STAGE 4 Featured players -
鈴木未来
名前 鈴木未来
年齢 32
出身地 日本
レーティング 15
ダーツ歴 5年
──主な戦歴

  • 2014年度JAPAN LADIES STAGE 4 /
    STAGE 5 / STAGE 6 / STAGE 8 / STAGE 9優勝

──選手紹介

鈴木未来は、現在日本で最も強い女子プレイヤーの呼び声が高い。
THE WORLDの女子プレイヤーの最高順位Best32の記録保持者である。
圧倒的なパフォーマンスで、日本女子プロツアーJAPAN LADIESの年間ランキング1位を突き進んでいる。

THE WORLD STAGE 3。鈴木(未)は、トップランカーのエイドリアン・グレイから激戦の末、勝利している。
STAGE 3で3回戦進出が決定した時点で女子歴代1位タイ。
その時鈴木(未)は「もうひとつ勝ちたいな」と思ったという。
「そしたら相手がエイドリアン・グレイだったんですけど、実は名前を聞いたことあるくらいの認識で、STAGE 1の優勝者ってことも知らなかったんです。試合後に、現在年間ランキング1位の人だったんだよって聞かされて(笑)」

グレイとの対戦は、最終レグまでもつれ込み、最後のクリケットはブレークで勝利をもぎ取った鈴木(未)。
「最後のクリケットで、スタッツ6.4打てたのが良かったですね」と男子顔負けのスタッツを記録している。

続く対戦相手は、クロアチアのボリス・カリチュマー。THE WORLDの上位ランカーだ。
Best16を賭けた戦いは、0-3のストレート負けを喫したものの、カリチュマーのホワイト・ホースに対して鈴木(未)もホワイト・ホースで応戦するなど、魅せるプレイでオーディエンスを沸かせた。
「緊張しているかしていないかわからない状態でした。興奮状態にあったっていう方が近いですね。ボリス選手はとても強かったです。自分のミスが大きかったので、次のチャンスがあるなら、ちゃんと入れたいですね」
ちなみに、鈴木(未)に勝利したカリチュマーは、今ステージで優勝している。

「THE WORLDは、すごいいい経験になります。シングルイルミネーションなんで、負けたら終わりですけど、それでも海外の選手と戦えるいい機会ですよね。次回日本で開催されるSTAGE 4も、いろんな選手とできるだけ、たくさん投げられたら、いいかなと思います」

注目のSTAGE 4は9/28(日)開催。
WEB生中継はDARTSLIVE.TVにて配信予定!
http://dartslive.tv/

村松治樹
名前 村松治樹
年齢 37
出身地 日本
レーティング 18
ダーツ歴 2002年に始める
──主な戦歴
  • PDC CHALLENGE TOURNAMENT
    2009 / 2011 / 2012 優勝
  • THE WORLD 2014 STAGE 2 優勝
──選手紹介

村松治樹は日本のトッププレイヤーである。
毎年行われるハードダーツ最高峰の大会であるPDC World Darts Championshipの日本人最多出場数を持つ。
今年の6月フランスで行われたTHE WORLD STAGE 2での優勝も印象的な勝利だった。

「舞台が大きければ大きいほど、良い結果を出せる」と日頃から発言する村松。
「見られているっていう状況は楽しいですね。例えばハイオフしてガッツポーズ出した時のお客さんの『わー!』っていう歓声。さらにファンの期待を上回るプレイを見せた時に、その歓声がもっと大きく『うわーッ!!!!』ってなった時がすごく気持ち良い」

THE WORLDも後半戦に突入し、年間ランキング争いも気になるところ。
現在2位の村松は、来年開催されるビッグトーナメントSUPER DARTSへの道を確実にするために、STAGE 4では上位にランクインしたいところ。

注目のSTAGE 4は9/28(日)開催。
WEB生中継はDARTSLIVE.TVにて配信予定!
http://dartslive.tv/

鈴木猛大
名前 鈴木猛大
年齢 32
出身地 日本
レーティング 16.92
ダーツ歴 2008年に始める
──主な戦歴
  • THE WORLD 2012 GRAND FINAL優勝
  • SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN
    2013年度年間ランキング1位
──選手紹介

現在日本国内において、鈴木猛大は、最も強いソフトダーツプレイヤーのひとりだ。
ここ数年、素晴らしい成績を残しており、中でもTHE WORLD 2012 GRAND FINALでの優勝は記憶に新しい。

そのプレイスタイルの特徴は、表現豊かなパフォーマンスだ。派手なVサインやガッツポーズ、失投した時は舌を出し照れ笑いをするなど、ダーツが楽しくてしょうがない、と言わんばかりである。

「観客と一緒にダーツをしたいんですよ」と鈴木は語る。

鈴木は、笑顔と躍動感のあるパフォーマンスで観客との距離を縮め、彼らを味方にするプレイスタイルを持つ。特にオーディエンスが大きい大会において、その傾向が強い。

「僕のダーツで、皆さんをワクワクドキドキさせたい。観る人も自分が対戦しているような気持ちになって欲しいですね。そのためには、僕も良いプレイをし続けなればいけない」

THE WORLD 2014の後半戦、元王者の巻き返しを期待したい。
注目のSTAGE 4は9/28(日)開催。
WEB生中継はDARTSLIVE.TVにて配信予定!
http://dartslive.tv/